所属弁護士の声

 「スポーツ文化」と法律家の果たす役割 (弁護士 工藤 洋治)

「スポーツ文化」という言葉が使われるようになって久しい。 しかし、もともと、「スポーツ」と「文化」とは、交わることのない、むしろ対置される概念として捉えられてきた。 「体育会系」と「文化系」とが、互いに異なる ・・・(続きを読む)

 弁護士と「公益活動」 (弁護士 政平 亨史)

弁護士と「公益活動」、近時このテーマについて耳にする機会は多く、法律事務所のホームページにおいて事務所で実施している「公益活動」を紹介していることも少なくありません。 弁護士が行う「公益活動」の意義については、 ・・・(続きを読む)

 公正取引委員会が日本トイザらス社に課徴金納付命令発令へ(優越的地位の濫用)(弁護士 日野 義英)

玩具販売大手の「日本トイザらス株式会社」がメーカーなど納入業者に安売りセールの値引きを負担させていたとして、公正取引委員会は独占禁止法違反(優越的地位の濫用)で7億数千万円の課徴金納付命令と再発防止を求める排除措置命令を出す方針を固め、事前通知したと報じられている・・・(続きを読む)

 集合訴訟ってなんですか?(弁護士 日野 義英)

『消費者団体訴訟だけでは足りない?』−消費者団体訴訟とは、事業者による不当行為(不当な勧誘行為、不当な契約条項の使用)が、不特定多数の消費者に対して行われている、又は行われようとしている場合、適格消費者団体が、かかる事業者の行為の差止めを請求することができるという制度で・・・(続きを読む)

 被災地における高齢者・障がい者の支援
  〜法律相談のバリアフリー化と災害時の「合理的配慮」を求めて〜(弁護士 八杖 友一)

T 「お墓にひなんします」〜高齢者の置かれた苦しい立場
U 取り残される障がい者
V 弁護士、弁護士会として支援できること

 法科大学院(弁護士 金澤 嘉明)

新司法試験を受験するためには、原則として法科大学院に入学し、卒業しなければなりません。(中略) 現在、法科大学院制度を含む法曹養成制度については、様々な議論がなされていますが、ここではそれらの点を措くとして、法科大学院出身者である私が、・・・(続きを読む)

 判例合宿(弁護士 工藤 洋治)

深秋のとある週末、当事務所における恒例行事の一つ、「判例合宿」が開催されました。
当事務所では、1ヶ月に1回のペースで「判例研究会」なる勉強会を開催しています。これは、毎回、発表担当者を決め、その担当者が・・・(続きを読む)

 そばツアー(弁護士 星 大介)

私は、蕎麦屋は蕎麦を食べるだけのところだと思っていました。実務修習時代に住んでいた長野でも、たくさんの蕎麦屋に行きましたが、蕎麦を食べ、蕎麦湯を飲み、蕎麦茶を飲んで帰っていました・・・(続きを読む)